2010年10月20日

約127万世帯が生活保護受給

生活保護世帯、過去最多を更新=9年連続、現役世代が急増―厚労省(時事通信より)

生活保護受給世帯が2009年度に月平均で127万4231世帯に上り、9年連続で最多を更新したことが20日、厚生労働省の福祉行政報告例結果で分かった。前年度より12万5465世帯(10.9%)増と大幅に増えており、同省は「リーマン・ショック以降の不況で失業した現役世代の生活保護申請が急増した」とみている。

報告によると、生活保護を受けた実人数は月平均176万3572人で、前年度より17万952人増加した。世帯類型別では、65歳以上のみで構成する高齢者世帯が前年度比7.5%増の56万3061世帯、世帯主が障害者・傷病者の世帯が7.1%増の43万5956世帯。65歳未満の現役世代失業者らの「その他」は41.5%増の17万1978人と急増した。


posted by カードローン 比較 おまとめ 相談 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | キャッシング 審査 ローン 融資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金融の相談なら仮審査匿名ボンドくんまで!!

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。